HOME > 陶絵付テクニック > 【ペンワーク】ペン描きの表現

midashi_painters.jpg

【ペンワーク】ペン描きの表現

penwork.jpg ペン先に少量付けて描く    付けすぎ 描きにくい 均一に細い線を描く表現方法のひとつに「ペンワーク」があります。

 絵具は『ミキシングオイル』でやわらかく溶きます(目安はオイル2:絵具1の割合)。ペン先に絵具を取り、ややゆっくりと線を描き、10〜15cm程度の長さが描ける状態が最適です。授業で作品の裏にサインを入れる程度であれば『ペインティングオイル(調合油)』で溶いた絵具を少しゆるめて描いても良いでしょう。

 ペン先は、用途や筆圧に合わせて選ぶことが大切です。ペン軸もいくつか種類があるので、ペン先の種類に合わせて持ちやすいものを選びましょう。ヨーロピアン調のアクセントラインやイラストのような表現にも使え、作品の幅も広がると思います。ぜひ作品制作に取り入れてみてください。


pen_hyogumi.jpg

●商品はこちらでご覧いただけます

gpensaki.jpg

Gペン先
shosai.jpg

schoolpensaki.jpg

スクールペン先
shosai.jpg

marupensaki.jpg

丸ペン先
shosai.jpg



top_album.jpg

top_catalog.jpg原宿陶画舎の商品のネットカタログです。お電話・FAXでのご注文はこちら

top_mypo.jpg


top_syosei.jpg