HOME > 陶絵付テクニック > 【盛り】盛り絵具について

midashi_painters.jpg

【盛り】盛り絵具について

iromori.jpg 作風に変化を付けたいときや、アクセント的に使うと効果的な盛り絵具。それぞれ焼成後の仕上がりの特徴や使い方も異なりますので、目的に合わせて正しく使っていただくためにも下記の要点を踏まえておくと便利です。

【盛り絵具の基本的な使い方】
●粉と溶剤をよく練り合わせる
 (角が立たない程度の濃度)
 ※陶画舎の水溶性メディウム(速乾性)を
  使う場合は、水10%程度を加える
●よく乾かしてから焼成する
 (よく乾燥しないとトラブルの原因になります)
 ※いずれも、生地に合わない場合は
  剥離することがあるので注意



iromori1.jpg


iromori2.jpg

●商品はこちらでご覧いただけます

gijutu_jewel.jpg

ジュエル透明上絵具
shosai.jpg

enamelfrit.jpg

エナメルフリット
shosai.jpg

maincolor_wa.jpg
メインカラー和絵具
shosai.jpg

whiteenamel.jpg
ホワイトエナメル
shosai.jpg

iromori.jpg
色盛り絵具 無鉛
shosai.jpg



gijutu_relif.jpgレリーフパウダー・
ルミナス
レリーフパウダー
shosai.jpg

top_album.jpg

top_catalog.jpg原宿陶画舎の商品のネットカタログです。お電話・FAXでのご注文はこちら

top_mypo.jpg


top_syosei.jpg