HOME > 陶絵付テクニック > 【筆】丸筆と平筆について

midashi_painters.jpg

【筆】丸筆と平筆について

■平筆アメリカンスタイルの基本

●用途
横に濃淡を出す時や、なめらかな広い面を塗る時に使用します。

●原毛の種類
主にリスの毛で作られています。リス毛はやわらかく細いため、弾力はありませんが、絵具の含みは良く、穂先のまとまりが良いという特性があります。

★アメリカンスタイルとは?
筆致の大胆さと夢のような淡い混色の美しさが特徴。まるで油絵のようにいきいきとしたストロークと、白磁上で色を混ぜながらぼかしていく平筆ならではの技法を駆使し、ドラマティックな画面構成で白磁全体に描いていくのが伝統的なパターンです。陶画舎では、伝統的なスタイルを踏まえ、新しい画材、モチーフなど、時代に合わせたデザインで総合的に陶絵付の技術を学んでいきます。

hirafude.jpg

丸筆…ヨーロピアンスタイルの基本

●用途
線や細かい模様を描く時に使用します。

●原毛の種類
主にコリンスキー(天然の貂(テン))やイタチの毛で作られています。陶画舎オリジナル丸筆は、弾力性、穂先のまとまり、絵具の含みなど総合的に優れているコリンスキーで作られています。

★ヨーロピアンスタイルとは?
マイセン、KPM etc……数多くの名窯が独自のスタイルを作り発展してきたヨーロッパの陶絵付。コレクターズアイテムとして人気も高いリモージュなどは、20世紀初めアメリカへ多く輸出され、アメリカのペインターにも影響を与えました。伝統をベースとし、新しい技術と感性を活かした現代風のデザインの作品もまた、多くのアーティストによって生み出されています。

marufude.jpg

●商品はこちらでご覧いただけます

blush_im.jpg

陶絵付用筆
shosai.jpg



top_album.jpg

top_catalog.jpg原宿陶画舎の商品のネットカタログです。お電話・FAXでのご注文はこちら

top_mypo.jpg


top_syosei.jpg