HOME > 陶絵付テクニック > 【ラスター】ラスターの使い方

midashi_painters.jpg

【ラスター】ラスターの使い方

lusterimg.jpg ラスターは、金・銀・銅・コバルト・ニッケル・鉄などの金属を樹脂に溶かして有機溶剤で希釈した液体です。液体状で使い方も金に似ています。幻想的な色彩、独特な光沢とつやは、ラスターならでは。混色はできませんが重ね焼きができるので、使い色によって思いがけない表現ができます。


【準備】
●ラスターを使う分だけタイルに取り、必要に応じてラスター油を入れて希釈します。
●ペーパーにラスター油をつけ、使う器の表面を拭いておきます。
●塗る必要のない部分はマスキングをしておきます。


luster_beforeafter.jpg      焼成前           焼成後【塗り方】
金液を塗るよりも薄めに、ムラを残して仕上げます。ラスターは塗った直後になじむので、何度もなぞってしまうと乾燥し、剥離の原因になるので注意しましょう。ムラの部分が色の変化となって焼き上がります。
(薄く塗りすぎて焼成後にラスターの模様が出なかった場合は、上から塗り重ねて焼成することで濃度の調整ができます)

※塗る時に失敗した部分は、焼成前にラスター油で拭き取り、アルコールできれいに掃除をしましょう。

●商品はこちらでご覧いただけます

luster_im.jpg

ラスターシリーズ
shosai.jpg



top_album.jpg

top_catalog.jpg原宿陶画舎の商品のネットカタログです。お電話・FAXでのご注文はこちら

top_mypo.jpg


top_syosei.jpg