HOME > 陶絵付テクニック > 【絵具】絵具の混色について

midashi_painters.jpg

【絵具】絵具の混色について

konsyoku.jpg絵具の混色について

 絵具は混色をしてさまざまな色を作り出すことができますが、一言で混色といっても、注意点がいくつかあります。
 絵具の成分により、自由に混色できない色についてご説明します。

Q1 赤・オレンジ系の色は他の色と混色できますか?
A1 残念ながら、できません。赤・オレンジ系の色には、セレン・カドミウムという成分が入っており、この成分は他の成分と組成が違うため、うまく混色できないのです。焼成後に変色することもありますので注意しましょう。焼成してある絵具の上に焼き重ねても変色することがあります。セレン・カドミウムが入っている色同士であれば混色できます。

Q2 鉄系の絵具も混色に注意が必要と聞きましたが、どんな色ですか?
A2 鉄系の色は、名前のとおり成分に『鉄』が含まれているものです。代表的な色でいうと、マイセンレッドやヴァイオレットオブアイアンなど。また、茶系の色にも含まれています。
これら鉄系の色も混色に注意が必要で、同じ鉄系同士で混色しないと変色することがあります。ただし、鉄の含有量によって混色しても問題のない色もありますので、混色が必要な場合は、あらかじめ実験をした方が良いでしょう。

top_album.jpg

top_catalog.jpg原宿陶画舎の商品のネットカタログです。お電話・FAXでのご注文はこちら

top_mypo.jpg


top_syosei.jpg